内部造作

外壁工事もひと段落。
また、教会内部にあった足場も一時撤去され、
内部の仕上げに向けた、内部造作が始まりました。

まずは、講壇から。

IMG_3369-001

私達の教会は、賛美を大切にする教会として、「音」に関しても、
重点を置いた造りで、専門の方にアドバイスをいただきながら、
特に、メッセンジャーの上がる、講壇は可能な限り反響を抑えた、
重厚な造りとしました。

IMG_3384-001

土台、根太などの間隔を狭め、グラスウールで空間を埋め、
さらに、厚さ10mmの防振シートを12mmのコンパネでサンドイッチ。
反響音を抑えた講壇が完成しました。

IMG_3391-001

聞きやすい音質で、聖書の言葉と、賛美の歌声が良く聞こえるように。
そして、一緒に賛美を歌えるように。
しっかりとした講壇を造っていただきました。

講壇が終ると、すぐに床の造作が始まりました。

IMG_3398-001

床は、子ども達が転んでも怪我のないように、
また、コンクリート下地の床でも足に優しい、
ゴム付きのクッション床にしました。

これは、特にコンクリート造りの建物に用いられる工法で、
床下地にある防振ゴムが衝撃を吸収し、
床にしなやかさが生まれるだけでなく、
床下に空気層が出来るため、防音、防湿また、断熱にも優れた構造。
これをひとつひとつ、礼拝堂だけでなく、教会床前面に組んでいきます。

IMG_3396-001

子ども達が、元気に教会で過ごせるように、また、
膝への負担がかからないように、造っていただきました。

そして集会室。

IMG_3377-001

これを見た子ども達は、

「ここが遊び場?広〜い!」

と、大満足!

今から、遊ぶ内容を検討しておりました。。

“内部造作” への1件の返信

  1. こんばんみー^m^
    今年の 教会は
    暖かさ?が 感じます。
    実は 去年の10月中旬は
    すでに 寒かったっす。

    12月に お伺い出来ますように†

コメントは受け付けていません。